« 夜景か日の出か | トップページ | 大黒海釣り公園・釣りのメッカ日の出 »

シン・ゴジラと日の出スポット(ネタバレ含む)

※ この記事は映画「シン・ゴジラ」の内容に触れていきますので、もしまだ観てないなら、ブラウザをそっと閉じて観に行ってください。面白いですから。
 
イメージ画像
Kaiju03s
 
<ここよりネタバレあり>
 
「シン・ゴジラ」は東京に住んでいてこそ、より楽しめる映画だと思う。ゴジラが進む街の様子を、「とりあえず同じ日本のどこか」としか認識できないのと、「うわ、なじみ深い景色がぐちゃぐちゃになってる!え、そこそう進んじゃうんだ!」と土地鑑を持ってみるのとでは、緊迫感のリアリティが違う。
 
特に、ゴジラは海から現れるので、臨海地域が多く出てくる。そして東京の臨海地域というのは、日の出スポットの密集地でもある。今回シン・ゴジラに出てくる日の出スポットを紹介する。

発見・第一形態・海ほたるパーキングエリア

まず、ゴジラは東京湾上にあらわれ、アクアラインの海底トンネルをぶっ壊して騒ぎを起こす。まだゴジラの全容が明らかにされないまま、アクアラインのトンネルと橋の境にある「海ほたるパーキング・エリア」にいる人々が異変を目撃し、ケータイで動画を撮ったりSNSに投稿したりするシーンが出てくる。このPAは東京湾のど真ん中にぽつんとあって24時間使うことができる、格好の日の出スポットだ。
 

上陸・第二形態・多摩川河口

その後ゴジラは多摩川河口から東京入りし、海老取川を北上して呑川をさかのぼる。厳密にいうと上陸はそのあと、蒲田駅付近で完全に陸にあがってからを指すのかもしれないが、第二形態の、例のトカゲみたいな姿で狭い川幅に係留されたボート蹴散らしながらすすむのだから、もうすでに上陸だ。この多摩川河口から海老取川に至る場所にも、人気の日の出スポットがある。もし、ここからゴジラの来訪をみたら、海からこちらにむかってきて目の前の川を右折して進む、迫力あるシーンを堪能できただろう(確実に命はなくなっているだろうが)。
 

帰還・第三形態・北品川付近

ゴジラの第一次襲来は、蒲田~品川を跋扈したあと品川ふ頭あたりから海に帰っていくことで唐突に終わる。途中、不安そうな地域住民が品川神社の高台に避難しながら、ゴジラの荒振りを眺めているシーンが出てくる。ちょうどこのあたりで、第三形態に進化、ゴジラがとうとう立ち上がる。よく考えたらゴジラから逃げるのにあの程度の標高の高さという要素はあまり意味がないのではないか、とも思えるが、なんとなく心情はわかる。そして、この神社にある富士塚「品川富士」も、高台であるがゆえにわりと抜けのいい日の出スポットになっている。
日の出スポット→品川富士・富士塚日の出
 
その後の第二次襲来は、ずっと南側の鎌倉あたりからなので場所になじみが薄いが、第一次は上記の通り、23区民、特に臨海地域を知る人にとって、とてもドキドキできる映像だった。
なお、最初に紹介した海ほたるパーキングエリアでは、「シン・ゴジラがやってきた」というキャンペーン展示などを実施しており、上陸で派手に壊された大田区商店街でも「大田区vsゴジラ」というタイアップ企画をやってるようだ。「シン・ゴジラ」を観たあと、日の出の下見を兼ねて、ドキドキを思い出しながらロケ地を巡るのも、楽しいかもしれない。
 

« 夜景か日の出か | トップページ | 大黒海釣り公園・釣りのメッカ日の出 »

日の出について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251641/66892188

この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラと日の出スポット(ネタバレ含む):

« 夜景か日の出か | トップページ | 大黒海釣り公園・釣りのメッカ日の出 »

Ad


無料ブログはココログ