« スカイツリー元旦営業の抽選が始まりました | トップページ | 月刊カメラマンに記事が掲載されました »

ザ・リッツ・カールトン東京・Highな日の出

センチュリーサザンタワー・朝食ビュッフェ日の出」につづき、ホテルの朝食を食べながら観る日の出第二弾。

東京ミッドタウンにあるザ・リッツ・カールトン東京の45階のレストラン「タワーズグリル」は、6時半からオープンしている。一番乗りで入店し、「日の出が見える席がいいのですが」というと、ビルの東側の角にある、窓向きの2名席に座らせてもらえた。この店はその名の通りスカイツリーと東京タワーが同時にみえるのがウリ。その景色を楽しむ最高の席がたぶん、ここだと思う。

メニューは人気の朝食ビュッフェ4,463円ほか各種。ビュッフェはこの手のホテルらしく、品数はすくないが一つ一つがちゃんとしている。特にパンの種類が豪華だった。しかし前回の倍の金額だな。。

太陽は、東京タワーのすこし右から出る。充分に高い位置からなので都心のビル群に邪魔されることもなく、気持ちのいい日の出を観ることができる。

いつもに比べるとコストも観る位置も場所や食事のクオリティも"高い"日の出となった。

日の出6時46分 119度。
電車使用。

S20121220_2

気づいたこと。

  • 6時半開店なので、なるべく日の出の遅い(冬至に近い)時期がよい。
  • 室内からの撮影は、窓ガラスの汚れが写ってしまいがちなのでこれは課題。とくにこういうレストランのテーブル席では、あまり窓に近づけなかったりするからな。
  • 一番安い朝食だと、コンチネンタルブレックファースト3,334円で、これはジュースとコーヒーとパンが出るだけでビュッフェはなし。
  • 日の出の位置とスカイツリーとは少し角度があるが、超広角やパノラマで撮れば一枚におさまるかもしれない。

より大きな地図で 東京日の出マップ を表示

« スカイツリー元旦営業の抽選が始まりました | トップページ | 月刊カメラマンに記事が掲載されました »

日の出スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251641/48394287

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・リッツ・カールトン東京・Highな日の出:

« スカイツリー元旦営業の抽選が始まりました | トップページ | 月刊カメラマンに記事が掲載されました »

Ad


無料ブログはココログ