« 2010年1月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年7月

天然温泉楽天地スパ・全裸で日の出

錦糸町駅そば、楽天地ビル9階にある24時間営業男性専用サウナ。リニューアルオープンしたばかりのためか、とてもキレイで従業員がたくさんいた。せっかくなのでレストランチェック。飯はまあまあ、焼酎が充実していた。スパ的には館内着にポッケがないのがマイナスだったが、あとはわりといい感じ。

方角的にはちょうど風呂のある面が東だったので、深夜入って朝風呂入りながら全裸で日の出を待つ。全面ガラス張りから見える景色には、やはり目線の高さほどのビルがならんでいて、ヌケがとくにいいわけではない。ただ、この日はちょうど地平線付近に雲があったせいで赤い日の出がみれたためか、眩しくなく存分に楽しめた。

今回は入場料金2600円+深夜料金1000円=3600円のコストがかかったが、60分コース1200円というものもあるので、風呂に入りながら日の出をみるだけなら手頃な値段で体験できる。

なお、今回は場所の特性上、カメラ持ち込みが禁止されているので撮影はしていない。

日の出4時44分 65度。
自転車使用。

気づいたこと。

  • 男性専用なので誰でも見れるスポットとは違う。
  • 冬至夏至に近い時期には高層ビルが邪魔しておそらく見れない。ちょうど正面にビルの谷間があったので、83度前後のときに訪れれば、わりと遠くから出る日の出を見れると思う。

より大きな地図で 東京日の出マップ を表示

浮島町公園・風車と日の出

海風の森、川崎区市民健康の森とも呼ばれる川崎最東部の公園。とうとう川崎まで進出だ。

この公園の特徴は、風力発電の風車。あと対岸が羽田空港であるため、飛行機マニアによく利用されるらしい。隣接して釣り場があり、公園にも釣り人が3人ぐらい来ていた。

東京側から行く時は、最寄である大師出口ではなく一つ手前の羽田で降りて下道を行けば、高速料金が首都高のみの700円で済む。また公園に入る道は高速入り口の直前にあるため、通り過ぎに注意する必要がある。

駐車場なし、ベンチ、トイレあり。

日の出4時43分。65度。
バイク使用。
Img_1653

気付いたこと。

  • 蚊が多くてまいった。

より大きな地図で 東京日の出マップ を表示

暁ふ頭公園・暁日の出

この場所は、穴場かもしれない。最寄駅のテレコムセンターから1km程度だし、大江戸温泉に泊まって朝方観に行くこともできる。しかもベンチ、トイレ、自販機、駐車場あり。駐車場は必要なのかと思えるほど大きかったが、結構な数が停まっていた。

この日は東の地平線上に厚めの雲があり、地平線ではなく雲の中からぽこっと太陽が出てきた。このパターンの赤い日の出もまたいいものだ。

ところで、この暁ふ頭公園横から伸びる海底トンネルを抜けたら中央防波堤埋立地に渡れる。地図上ではこの中も日の出スポットとしておいしいロケーションだったが、残念ながらどこも立ち入りが禁止されていた。将来、いまのお台場のように埋め立てが終わって活用されるころ、いい日の出スポットになるだろう。

日の出4時41分。64度。
バイク使用。

Img_1591

気付いたこと

  • ふ頭方面でちょくちょく出くわすPORT STOREというコンビニが気になる。外見がアレに似すぎだと思うが。。

より大きな地図で 東京日の出マップ を表示

海ほたるパーキングエリア・東京湾ど真ん中日の出

やって来ました海ほたる。時間もお金もかかるこの場所には、絶対見れる(晴れる)という朝にしか行こうと思えない。今回は当たり。よかった。

海ほたるPAは、フードコートの一部と大きな土産物ショップが24時間営業で、これまでのスポットと段違いに過ごしやすい。休日のせいか若いグループが結構たくさんうろうろしていた。

日の出時刻になって東側デッキにでてみると、たくさんの人が。こんなに大勢といっしょに日の出をみるのは、初日の出をのぞけばはじめてだ。

日の出4時39分。63度。
バイク使用。
Img_1567

気付いたこと。

  • 料金は首都高往復1400円+アクアライン640円(バイク、軽自動車)。いまのところ一番コストがかかった日の出。
  • フードコートで深夜でも食べられるメニューは6種類。ご当地っぽいのはアサリ丼定食と岩海苔の磯ラーメン。
  • 海ほたるPAからUターンして東京に帰ろうとすると、「ETCカードを入れろ」と指示する機械を通らねばならなかった。それETCじゃないよ。バイクの座席の下開けてカード取り出すのがかなり面倒くさい。

より大きな地図で 東京日の出マップ を表示

« 2010年1月 | トップページ | 2010年12月 »

Ad


無料ブログはココログ